Exhibition at Shu Champagne Bar & Art Gallery

 

Jörgen Axelvall

Parité: un plus un est plus encore

 

For this exhibition Jörgen Axelvall combined photographs from two of his favored subject matters; portraits and flowers.

Each stand-alone photograph, of either a person or a flower, has its own aesthetic value and story to tell.

When paired together a new subtle narrative comes to life.

 

The title, Parité: one plus one is more (than two), suggests this literally, but can be viewed as a metaphor for every day life;

whether referring to the magic of two people falling in love or an unexpected champagne pairing revealing a new sensation.

 

All original photographs were done using Polaroid instant film. The very nature of instant film and its chemistry makes each Polaroid unique, with an added layer of uncontrollable textures and “flaws”. In keeping with this uniqueness Axelvall had the prints hand-crafted by Atelier Fresson in France, the last remaining place in the world using the charcoal process. This process dates back to the invention of printing on charcoal paper by Théodore-Henri Fresson in 1899.

Just like the original Polaroid each print is unique due to this highly artisanal way of printmaking.

 

A free-verse style poem written by the artist constitutes the titles of the artworks.

Shu シャンパンバー&アートギャラリーでの展示会

 

ヨーガン・アクセルバル

パリテ:1+1は2以上

 

写真家ヨーガン・アクセルバルは今回のコラボレーションの為に

2つのテーマを選びました。それは“ポートレイトと花”。

2つは独立した作品であり、

それぞれが美しい価値とストーリーを持っていますが、

2つが重なるとき、絶妙な物語を紡ぎだします。

 

タイトルは ‘Parite’(パリテ)。

ここには、私たちの生活の中で必ずしも1+1=2ではない

というメッセージが隠されています。

それはまるで知らない二人が恋に落ちる魔法のように。

そして、それはまるで予期せぬシャンパーニュの

マリアージュが湧き出すように。

 

 オリジナルの写真は全てポラロイドの

インスタントフィルムで撮影されてます。

アクセルバルの作品はフランスの「アトリエ フレッソン」が

1899年にセオドア・アンリ・フレッソンによって発明された

炭紙に印刷する技術を使い、

ハンドメイドでプリントした作品となっております。

 

また、写真のタイトルは、アーティストによる

自由詩によって構成されております。

Copyright © 2014 Jorgen Axelvall All Rights Reserved.